発熱相談センターの役割

新型インフルエンザの感染・蔓延を防ぐためにもうけられた、おおやけの施設です。どんな仕組みで、どうわたしたちを守ってくれるのでしょう?

サイトトップ > 恐ろしい“新型”インフルエンザの盾!?

スポンサードリンク

発熱相談センターの役割

恐ろしい“新型”インフルエンザの盾!?


新型インフルエンザとは、人間はまだかかったことのない新種のインフルエンザをいいます。新種であるため人間には免疫力が働かず、感染すると重症化することも。


何年か前に大被害をもたらした鳥インフルエンザがありますが、現在でもこの新ウイルスは完全に撲滅しておらず、それどころかウイルスは変形しながら成長しているのです。


いま新たに世界的驚異となっている“新型インフルエンザ=豚インフルエンザ”のウイルスも、人間には免疫力があまりありません。豚インフルエンザはヒトにおける感染のアウトブレイクおよび発散例は、ときどき報告されています。


一般的には臨床症状は季節性のインフルエンザと酷似していますが、無症候性感染から重症肺炎で死亡にいたるまで幅広い症状を表すことが多いのです。


ヒトへの豚インフルエンザ感染の典型的な例は、季節性およびほかの上気道感染と類似し、症例のほとんどは季節性のインフルエンザサーベイランスを通じて偶然に検出されています。


軽症、または無症候性の症例は本人に覚知されないかもしれません。したがてヒトでの豚インフルエンザ感染の真の感染状況はいまだによく知られていないのですが、世界各国が警戒をうながしている感染症です。


発熱相談センターの役割

MENU



スポンサードリンク